細胞を守り健康な体に

細胞の健康状態

クロレラ

細胞は細胞膜に包まれているのですが、その細胞膜はレシチンというリン脂質によって作られています。このレシチンがしっかりと機能していると、細胞は必要な栄養分を外部からスムーズに吸収することができます。また、細胞内の老廃物もスムーズに排出されていきます。つまりレシチンが機能しているかどうかで、細胞の健康状態が決まってくるわけです。体は細胞で構成されているわけですから、ひとつひとつの細胞の健康状態が良くなれば、当然体の健康状態も良くなります。そのため昨今では、レシチンを補充できる健康食品が販売されるようになっています。特に、酵素分解によってサイズを小さくした低分子レシチンは、吸収されやすい分高い効果が期待できるため、注目されています。

認知症や肥満の予防に有効

低分子レシチンを摂取することで、具体的にどのような効果を得ることができるかというと、まずは認知症の予防効果です。認知症は、脳細胞の劣化が原因となっているので、低分子レシチンによって脳細胞を守ったり丈夫にしたりすれば、発症が防がれやすくなるのです。また、低分子レシチンには肥満を防ぐ効果もあります。肥満は、体内で脂肪が蓄積されていくことが原因となっています。しかし低分子レシチンを摂取すれば、脂肪の分解のために働いている肝細胞が、強化されることになります。その結果、脂肪は蓄積しにくくなり、肥満は防がれやすくなるわけです。認知症や肥満になることに不安を感じる人は増えているため、これらを予防できる低分子レシチンの健康食品の需要は高まっています。